借地権とは

借地権とは、「借地借家法」によって定められている、建物の所有を目的とする地上権や土地賃借権の事を指します。借地借家法は、土地や建物の賃借契約において、貸す側である地主と借りる側である借主との力関係には差がある事から、弱い立場に置かれる可能性の高い借主の保護のために定められた法律です。
また、資源として使える建物を保護するという意図もあります。借地法には、大正10年から平成4年まで施行された「旧借地法」があり、この旧借地法でも、地主と借主の権利を平等に、そして借主の保護という事は定められていて、地主から土地を借りた場合、借主は契約更新をすれば永久的に契約を継続し土地を借り続ける事ができる事になっていました。

しかし、人口が増え土地の価値が上昇してくるにつれ、所有している土地を借地として貸し出すよりも、資産を増やすための有効利用の方法が増えたため、地主が借主に土地を貸し出すと、ずっと契約更新されてしまう法律の下では土地を貸し出す事が好まれなくなりました。
そこで、平成4年に借地借家法が改正され、地主と借主のどちらの権利もより平等であるように「普通借地権」と「定期借地権」が定められました。この新たな借地借家法によって従来の借地借家法は廃止となりましたが効力を失ったわけではなく、やはり借主にとって不利益が及ばないように施行前に設定された借地借家法での契約については、旧借地借家法がそのまま継続して適用される事になっています。

Copyright © 2014 借地権を考える All Rights Reserved.